FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都響の「作曲家の肖像」チャイコフスキーを聴く

2013/8/24 (土)
東京都交響楽団演奏会
「作曲家の肖像」シリーズVol.93《チャイコフスキー》
東京芸術劇場 開演14:00

指揮:リュウ・シャオチャ
ヴァイオリン:コリヤ・ブラッハー

チャイコフスキー
歌劇「エフゲニー・オネーギン」より〈ポロネーズ〉
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

休憩

組曲第3番 ト長調

 
 久しぶりに実演を聴いた。とはいえ思いがけず早い時期に・・という感じでもある。普通8月はクラシックのコンサートはお休みの時期なので。実はこの演奏会のこともすっかり忘れていて、都響からの当日券情報メールが来なければ行きそびれていたところだった。定期会員になっているとこういうことが時々ある。
 チャイコフスキーはかなり、苦手な部類の作曲家。暑いので出かけるのもおっくうで、どうしようか迷ったが、せっかくの券がもったいないので出かけた。
 結果、出かけて良かった。やはり実演は格別なものがある。指揮者は台湾出身のまったく未知の人だったが、個性は強くはないが曲の良さを素直に引き出す指揮で好感が持てた。
 ヴァイオリン協奏曲のソリストのコリヤ・ブラッハーという人は初めて聴く。短く刈ったごま塩頭に無精ひげの、非常にコワモテな感じのオジサンで、どんな演奏をするかと思ったら、淡々としたなかに叙情味のある、優しい音楽になっていたのが面白かった。この曲でよくある濃厚な、忘我的な演奏が苦手なので、こういうほうが好みだ。
 アンコールで弾いたバッハの無伴奏パルティータも良かった。
 最後の曲目の「組曲第3番」は初めて聴く曲だったが、なかなかいい曲だと思った。今度音源、探してみよう。
スポンサーサイト

8/16の買い物

 暑さが続き疲れがたまっている。しかも7月の半ばあたりから、一日も休肝日をもうけることなく夜は酒を呑んでいて、我ながらこれはよろしくないのではと思い出している。でも、量的にはたしなむ程度だし、本当に体がアルコールに疲弊したら呑む気自体失せるだろう。とにかく暑さだけでもどうにか和らいでほしい。エアコンをつけると電気代がかさむのが業腹なのだが、冷房無しでは生命に関わる。
 お盆休みで、世間から離れた私の周りも不思議と休日の気配がただよっているが、当方は盆も休日も関係なく、原稿書き。なのだがなぜか、休日の気配に取り込まれてしまい、全然はかどらない。だらだらしているうちに夜になり、一献の時間となる。呑みだすともう、原稿など書けない。20代まではしらふでも酔っても同じだったのだが、今はまったくだめになった。
 
 今日は所用ついでに、お茶の水と神保町をうろつく。
 お茶の水のディスクユニオンを覗くのは恒例行事。最近はあまりCDを買うこともなくなっているのだが、寄れば必ず何かしら欲しいものは見つかる。ブリュッヘンのシューベルト交響曲集4枚組と、ツァハリアスのモーツァルト、ピアノ協奏曲集8枚組、しめて4000円也。
 三省堂で洋書や参考書を物色。東大教養学部の英語読本が二冊、カラー図版入りで豪華な造りだが、一冊2000円近いというのは高い。国立なのだから一般にもそれなりの値段で還元して欲しい。ちょっと立ち読みしただけで見送り。
 白山の生協でバーボンのつまみのギンビス「アスパラガス」ビスケットを三袋と、ローソン100で炭酸水を三本に食パン一斤。計800円也。

ギョーザの皮ピザ

 ギョーザの皮でつくるピザ、というのが近頃はやっているようで、テレビなどでも何度か見たし、居酒屋のメニューに載っていたりもして、気になっていた。
 で、やってみた。

 ギョーザの皮に、ソーセージとコーンとアンチョビを載せ、ピザソースとチーズをかけて、フライパンで焼いて出来上がり。
 味のほうは、まったくもって予想通り。トッピングの味ですね。ピザそのものです。
 肝心の、ギョーザの皮のほうは、パリパリしてなかなかいい感じ。しかしいかにも薄く、やや食べ応えには欠けるきらいもなしとしない。
 以前、強力粉を溶いてクレープのように伸ばしたのを生地にしてよくフライパンでピザを作ったものだけれど、そちらのほうがそれらしくはあった。でも、手軽さという点ではこちらのほうが上だな。
 ちょっとした酒の肴が欲しいようなときにこれは手軽でよろしいようだ。

細胞たちの生と死

 今さっきテレビで「サイエンスZERO」を観ていた。細胞のシリーズ。
 今回はアポトーシスのことを取り上げていたが、この種の話を見るといつも実に不思議な気分になってしまう。
 自分の体の中で、刻々に無数の細胞が死に、また生まれているわけだけれど、テレビなどで電子顕微鏡下のそれらを見るにつけ、それらは一個一個が独立した生命を宿しているように見える。
 それぞれ、他の個体とは別個に生まれ、死んでいく。形もプランクトンみたいで、独立性を保っている。その上、それらはもともと一個の総体的な生命体「自分」の設計図に従い目的を担って生まれてくるわけではなく、成り行き的な生存競争を重ねた末に予定調和的に「自分」を形作るのだそうだ。
 死んだ細胞はアメーバ状のマクロファージに捕食されるのだが、テレビに映し出されたその様子を見ると、食われる死んだ細胞と、食うマクロファージはどう見ても別個の生き物としか思われない。
 自分の中で、細胞が生まれては死に、白血球に食われたりしていて、そいつらはそれぞれ個別の命を生きているのに、その総体が自分という一つの生命である、ということがとても不思議だ。
 一個の独立した生命でございと威張っている自分がじつは無数のプランクトンの集合体であるという事実は、気持ち悪いような気楽なような、なんだかあやふやな気分に誘われるのだった。

すごいよ! にがにがくん

 にがにがくんというのは今年植えたゴーヤの苗の名前。こちら参照

 新しい土を入れた大きなプランターに一株だけ植えたので、順調に生育している。でも、「緑のカーテン」という観点から見るとやはり一株では不足だったようだ。ネットがすかすかくんで見栄えが悪いったらない。半月ほど前に買い足しに出かけたのだが、ゴーヤの苗、今年はもうどこにも売ってなかった。今年はゴーヤ栽培、本当に流行しているようだ。
 ともあれ、順調に生育して今年はじめての実が成った。
 例年になく大きな実。さすが、苗で買ったF1交配品種だけのことはある。いつもは買ってきたゴーヤから取り出した種を蒔いたり、なんとなく生えてきたりしていたので、実もそんなに立派なものはならなかった。20数センチまで丸々と育ったものでちょっとびっくりした。
 でも、できるだけ大きく育ててやろうと、ねばったおかげで少しだけ熟しかけてしまった。ゴーヤ、熟すとオレンジ色になり、はじけるように裂けてしまう。中の種はワタの部分が真っ赤になって、ちょっとスプラッター風の外観を呈する。真っ赤なワタは柿のような味で甘いのだが、おいしくはない。オレンジに熟した実も苦味がなくなってしまう。
 今回は少しだけ、黄色みがかってきたのであわてて収穫したが、割ってみると果たして、中はもう赤くなっていた。でもさすが「にがにが」を標榜するだけあり、身のほうはまだ十分に苦味もあって、おいしく食べることができた。
 ゴーヤチャンプルーにしていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。