FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/19(木) 都響・インバルのバルトークを聴く

 東京文化会館にて都響のA定期を聴く。
 曲目等は以下の通り。

東京都交響楽団第762回定期演奏会

指揮:エリアフ・インバル

バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
  ヴァイオリン:庄司紗矢香

休憩

バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」
  メゾソプラノ:イルディコ・コムロシ
  バリトン:マルクス・アイヒェ

 このプログラムはもともと2011年3月に予定されていたのが、東日本大震災の影響で公演中止になったもの。その年のプログラムでいちばん楽しみにしていたので残念だったから、こうしてやり直してくれて嬉しい。今年は定期会員にならなかったので、一回券を買って聴きに出かけた。
 庄司紗矢香さんを聴くのはこれで二度目。本当はこのプログラムではじめて聴く予定だったが、上に記した事情でその後の同じ都響とのシマノフスキが最初になった。そのシマノフスキが今も強烈に印象に残る素晴らしいものだったから、今回も非常に期待していた。
 今回のバルトークもとても良かった。何より印象に残ったのが楽器が野太い音で朗々と鳴り響いていたことで、変な例えだが、CDなどで聴ける協奏曲のソロみたいだと思ってしまった。実演だと往々にしてソロがオケの影に隠れたようになってしまうことがあるが、今回はまったくそんなことはなかった。楽器が、好きな往年のヴァイオリニスト、ミッシャ・エルマンの使っていたストラディヴァリ「レカミエ」であることも感興深かった。
 演奏はとてもスマートな洗練されたもので、あまりに巧くてスイスイと進み、とんでもない難曲であることを忘れさせるもので、さすがにもうちょっとゴツゴツしたところがあったほうが面白いかも・・と思っていたら、最終楽章に入って俄然、表現が濃厚になり、猛烈な盛り上がりとともに終演。あまりに凄くて呆然としてしまった。目立ったマイクなどは設置されてなかったからCD発売はないだろうか・・インバルの公演はいつもCDで出るのだから、これこそ出してほしいと思わされた。
 あと印象に残ったのがハープ。ものすごく目立っていたし、曲中、実にいいアクセントになっているんだと分かった。
 終演後、ハンガリー民謡の素敵なアンコールあり。民謡と言っても全然素朴じゃなく、そのままバルトークの世界につながっていくような、そして技巧的な面白いものだった。

 「青ひげ公の城」は実演は二度目。同じ都響で、そのときはCDも聴いたことがなく、本当にはじめて聴く曲だったのだが、実に異様な、今まで接したことのないものを聴いた気がして、心底感動したことをよく覚えている。
 今回は予習もしっかりしていったので、聴きどころもわかり、愉しめたのだけれど、どうも、受けた衝撃や感動は前回のほうがずっと大きかったようだ。「あれ、実演でもこんな感じだったっけ・・」とやや拍子抜けしてしまった。
 とはいえとても水準の高い、「名演」といっても大袈裟でない出来だったとは思う。
 やはりこれもスマートな、おどろおどろしさのない、インバルらしいといえばインバルらしい音楽作りだったからかもしれない。
スポンサーサイト

原稿書き

 今何本か原稿を書いていて、同じ本にするのだが、進捗状況が様々で、三通りの作業を強いられている。
 ゲラの校正と、組版前の原稿の手直しと、原稿書きを同時に進めなくてはならない。ゲラの校正はとりあえず、初校は校了した。原稿の手直しは半分まで進んだ。だけど、原稿書きは手もつけられていない。
 手直しを済ませ、こちらを組んでから残りの原稿書き、みたいな油断した気分が作業の邪魔をする。来年4月までには本にしたいのだが、今のペースでは難しいかもしれない。これから書く原稿も最低二回は手直しをし、ゲラになってからも何回か手を入れたい。それを三通り、やるのだから来年の前半に出せるかといえばかなり微妙なところだ。
 著者校だけでは不完全で、他の人にも見てもらう必要がある。
 もう、こうして公開の場で進捗状況を記して自分にプレッシャーをかけないと前に進めない。ちょっと停滞気味だし、明らかにサボり気味でもある。
 書いているのは仮題「英文小説の読みかた」。普通の小説を学校で誰もが習う文法で一言一句漏らさず、品詞分解して解説するという、ありそうで実はなかった試み。英文自体はずっと読んできたが、受験英語的な品詞分解はここ数年、高校生に英語を教えながら方法を考えてきた。今のように実際に教える環境でなくなったら、この方法は(ヴァイオリン製作のオリジナルの小技のように)消えてなくなってしまうだろう。そうなる前に、これは世の中の片隅にでも保存しておく価値はあると思う。少なくとも分析の細かさと方法の簡単さは、今まででている品詞分解の手法本を超えていると思っている。
 いろいろと制約があるので窮屈なのだが、何とか形にして残したい。裏方としての仕事も自分の仕事だけれど、どんなものであれ、自分自身の仕事を残したいと思ってもいいじゃないと思うようになった(以前は自分の出版社から自分の本を出すのには非常に抵抗があった)。
 自分にプレッシャーを与えるためにここで進捗状況を記しておく。ちなみに今日も夜は呑んでしまい、全然手がつけられなかった・・

(追記17.11.7: このとき書いていた原稿は、予定より一年遅れて15年2月に『分析と対訳 開いた窓 サキ短編集』という本になって無事世に出ました。本当に世の中の片隅に置いてある本になったけど、良い読者に恵まれながら少しずつ読まれているようなのはうれしい)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。