FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arthur C. Clarke "Childhood's End"を読了

 Arthur C. Clarke "Childhood's End"を読み終わった。29日かかった。
 「幼年期の終わり」、SFというジャンルの「最高傑作」に近い位置づけらしい。僕はクラークは中学生の頃に「2001年宇宙の旅」を読んで、さっぱり訳が分からなかった。たぶん子供には難しいのだろうと思ったが、高校に入ったらSFからは興味が離れたので、以来縁もなく今まで過ごしてきた。
 今回久しぶりにこの作家に接したが、「分からない」というより「肌が合わない」のだと分かった。
 面白くなかった。今年原書で読んだSFでは四冊目だったが、ダントツで最下位。SFにもいろいろあるが、これが本当に正統派のSFなんだろうか。科学的な事象を描くのが主眼で、登場人物はそのための駒として動く。P.K.ディックのような、特殊な境遇を設定した上で人間を描く、文学寄りの作品が僕には面白いのだと分かった。
 タネあかしをするとつまらなくなる作品なので内容には触れないが、SFといいつつ非常にオカルト寄りなのも面白くなかった。最後は、昔からアニメ映画などによくある大風呂敷で、ああいうの、昔から受け付けなかったんだけど、これがその元ネタだったとは・・
 文章は平易で、カッチリした論理的な文だが台詞になると難しかった。こういうのはちょっと珍しい。面白いと思ったのは、台詞で誰かが冗談を言うと、ほとんど常に地の文で「そんな冗談を言った・・」と解説が入る。冗談が好きなようだがいちいちこうして説明せずにいられないところ、理系の人らしいなと感心(ちなみに、普通の小説ではユーモラスな部分は説明ではなく、笑えたりするのでそれと分かります)。そしてその「冗談」が読み取るのに一番苦労した部分だった。
 SFにせっかく再接近しているので、基本文献はとりあえず押さえたいと思っているから、読んで良かった。たぶんまた読むことはないだろうけれど・・

スポンサーサイト

9/8(月) 都響・フルシャのマルティヌーを聴く

 サントリーホールにて都響のB定期を聴く。
 曲目等は以下の通り。

東京都交響楽団第774回定期演奏会

指揮:ヤクブ・フルシャ

マルティヌー:交響曲第4番

休憩

マルティヌー:カンタータ「花束」
  ソプラノ:シュレイモバー金城由起子
  メゾソプラノ:マルケータ・ツクロヴァー
  テノール:ペテル・ベルゲル
  バス:アダム・プラヘトカ

 ずっと聴きたいと思っていたフルシャのマルティヌー、今回初めて聴けたのでうれしい。もう何年も前から交響曲を中心に少しずつ進行しているシリーズで、いつも気になっていたのだけれどスケジュールが合わず、一度も聴けずじまいだった。大好きな交響曲第3番を聴き逃したのは未だに悔やんでいる。
 今日は雨の中、少し遅めに出かけていったら気がはやったのか地下鉄の乗り継ぎを間違えてしまい、危うく今回も聴き逃すところだった。さいわい開演時間を少し過ぎてしまったものの間に合い、席に着いて、息を整えているとまもなく開演。前半に交響曲というのは少し珍しいプログラミング。曲の規模の関係なのだけれど、こちらも30分以上の曲で決して小規模ではない。演奏はとても良かった。CDではあまり耳に入ってこない精妙な、幽玄な響きにもハッとさせられた。独特のうねうねした素材の発展も実演で聴いた方がしっくりくるようだ。これはマルティヌーの6曲ある交響曲のうち、5番目くらいにお気に入りの曲なんだけど、今後はもっと愉しんで聴けるだろう。
 それにしても、滅多に実演で聴けないマルティヌーの交響曲を、こうしてほぼベストの布陣で聴くことができたのはうれしいとともに、やっぱり3番を聴き逃したのが改めて残念に思われたのだった。チェコ・フィルも来るたび新世界ばかりやってないでこういうのを持ってきてほしい(まあムリだろうな~)
 今夜の白眉は「花束」のほう。これは本当に面白かった。何に似ているかと言えばたぶんヤナーチェクの「わらべ歌」に一番似ているのだろうけれど、民衆詩に材を取った歌詞はマーラーの「少年の不思議な角笛」を思わせるし、オルフのようでもあるし・・。オーケストレーションは色彩豊かで、時々入るハルモニウムの鄙びた響きもいい。歌は徹頭徹尾現世的で、マーラーのように時々彼岸へ思いをはせたりはしない。男に会いたい一心で弟を毒殺する娘の歌や(「イェヌーファ」的リアリズムではなく、なんだか人を食ったような雰囲気)、刑務所から助けを求める男を家族は見捨てたが恋人が身代金を出してくれた歌とか、働き盛りの男が死に神に出会って有無を言わさず連れ去られてしまう歌など。投獄された男の歌はオケの最後の盛り上がりがすごく、「大地の歌」のようだったが歌詞が「恋人が身代金を出してくれた~」みたいなものなので笑いをこらえるのに苦労した。軽く扮装した児童合唱がニコニコしていて可愛かった。ツクロヴァーさんもクリムトの絵から抜け出してきたようで美しかった。
 これはマルティヌー入門にはベストなんじゃないだろうか。マルティヌー特有の乾いた感じがなく、生気に満ちているのは「典型的」とは言いがたいけれど。帰宅してすぐネットでCDを捜したが、既に所有しているアンチェル指揮のモノラル放送録音しかないようで、どんなマイナー曲でもすぐ手に入る昨今には珍しいことでびっくりした。
 ここは是非、今夜の演奏をCD化して発売してほしい! これくらい世に出す価値のある音源は滅多にない! と強く思われたことだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。