記事一覧

"Flash Fiction: 72 Very Short Stories"を読了

 James Thomasほか編の"Flash Fiction: 72 Very Short Stories"を読了。平均して一編が2ページほどのごく短い小説を72編集めたアンソロジーで、数編の翻訳物を除きほぼアメリカ人作家の作品ばかり集められている。 72編のうち、面白かったのは数編のみ。他は退屈だったり、未完成か粗筋にしか思えなかったり、まったく意味が分からなかったり、文章すら読み解けなかったものもいくつかあった。 語学力の問題・・もあるのだろう...

続きを読む

シャフラーネクの『ボフスラフ・マルティヌー 人と作品』を読了

 ミロシュ・シャフラーネクの『ボフスラフ・マルティヌー 人と作品』をようやく読了。断続的に、半年くらいかかった。薄い本なのだけれど。 マルティヌーはお気に入りの作曲家の一人で、大学時代に魅了されてから、二年に一度くらいの周期でときどき無性に聴きたくなる、いつもそばにおいているわけではないものの欠かせない存在。ところがいつまでたってもいまいち掴みどころがなく、全体像が見えてこないのは、第一に作品が40...

続きを読む

Quatuor Van Kuijk

 Quatuor Van Kuijkという弦楽四重奏団の音源を聴いた。まったく未知の団体で、団名さえ読めない。最近は若手の弦楽四重奏団が雨後の筍のように出てきていて、どれもがたいてい非常に巧く、聴き栄えがするという嬉しい状況なので未知の団体でもあまり不安はないが、これはレーベルが私のお気に入りの「α」なので期待したら、果たしてとてもとても良かった。 聴いたのはドビュッシー・ラヴェル・ショーソンを集めた一枚。特にドビ...

続きを読む