記事一覧

A Fair Maiden

 Joyce Carol Oates の小説'A Fair Maiden'を読了。7/16に読み出したので22日かかった、kindl表示で144ページの短い小説だから、いかに捗らなかったのか分かる。これの前の「モッキンバード」は250ページくらいあったのを、19日で読んだのだから...まあそれだって速いとはいえないけれど。
 ともあれ、読了できただけでも良しとせねばならない。なにしろつまらなかった。。。もう、読み進めるのがかなり苦痛で、GoodreadsやAmazonの評を見るにこれはオーツの作品の中でも評判の良くない作品らしい。それは読む前から分かっていた...のになぜ読み始めたかというと、ひとえにこれが短かったから。短編で魅せられたジョイス・キャロル・オーツだが長編は一冊も読んだことがなかった。読みたいと思っていたものの、どれも結構長いようで、この作家の、読みにくくはないが独特のうねうねした文体を300ページ以上も追い切れるか自信がなかった。ジュブナイル以外ではこの'A Fair Maiden'が一番短いようだったので、悪評の多さには目をつぶって、挑戦してみたのだった。
 話は、貧しい16歳の少女が68歳の金持ちの老人に誘惑される話。ナボコフの「ロリータ」と比べている評が多いようだったけれど、それより谷崎潤一郎みたいな話だと思った。女性側の視点から谷崎的世界を語った話というか。そしてこういう話は、女性側から見ると本当に退屈で、興ざめなものなのだった。こういう類の話は、川端康成の「眠れる美女」を極として、男の抱く幻想が過剰であればあるだけ、そしてそれが現実の関係性からかけ離れていけばいくだけ、奇怪な面白みをはらんでいくもので、女の側から語るとただの援助交際の記録になってしまうのだった。老人への嫌悪と金銭への執着が繰り返し語られ、悲惨な生い立ちと、行方不明の父親への愛惜が語られると、もう、リアリズムそのもののようで、一方の金持ちの老「芸術家」キッダー氏の胡散臭さと存在の軽薄さ、醜さが本当にやりきれなくなった。しかも物語は緩慢に、最悪の方向に進んでいくようだった。。。
 ところが、この小説、最後の最後、最後の2ページくらいになって、ついに老人の幻想が少女の糞リアリズムを圧倒し、異常きわまりない愛と死の世界が溢れ出し、全てを飲み込んで突然ぷっつりと終わりを迎える。これには驚いたし、感動してしまった。
 書評ではまさにこのラストへの苦情が多いのだが、どうもこれをミステリーやサスペンスものとして読んでいる人が多いようで、「落ちがよめてしまう」という批判が多かったのだけれど、これはそういう小説ではないだろう。谷崎的な耽溺の世界にクッキリした落ちなど必要ないし、むしろこれはクッキリしすぎているくらいだと思う。
 下世話な生活苦の話、カネの話、少女を言葉巧みに誘惑して騙す話、犯罪者まがいの親類たちの話、そういった、読んでいて苦痛な、退屈な、薄汚れた埃っぽい話が延々と続いたあとに、いきなり幻想が氾濫するのが圧倒的で、五つ星で評価をつければ一つか、ゼロかなと思っていたのが、いきなり四つ星に格上げされたのだった。さすがは長年のノーベル賞候補作家...受賞できないのもまあ、納得という感じだが。。
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント