記事一覧

アゴタ・クリストフの三部作を読了

 Agota Kristofの三部作"The Notebook" "The Proof" "The Third Lie"を読了した。ハンガリー人亡命者の著者がフランス語で書いた本の英訳版。一冊のペーパーバックに三作入っていて、一作あたりおよそ160ページほど。短いこともあるけれど、文がきわめて平易でスラスラ読めた。特に一作目の"The Notebook"(「悪童日記」)は中学生でも余裕で読めそう。内容はなかなか過激な描写などもあり教材向けではないかもしれないが、大人が英文読書の導入にするには最適なんじゃないかと思われた。一作ごとに少しずつ難度が増していくのも教材向けだ。
 前回「幼年期の終わり」を読了して次は何を読もうかと考えたとき、当初取り上げたのはJames Morrowの"Shambling Towards Hiroshima"という、第二次大戦中、アメリカが巨大なトカゲ型決戦兵器を開発して日本を攻撃しようとする話。フザけた話のようだったので読み始めたが、作中延々と当時のB級モンスター映画の楽屋裏話が続き、あまりにも理解不能だったため途中で挫折。続いてClifford D. Simakの"The Werewolf Principle"を読み始めたが、こちらも読みにくい割に内容が古い感じがして、続かなかった。これらを読みながら、同時に息抜きのように少しずつ読み進めていた"The Notebook"のほうに結局没入する次第となった。
 文章は平易なのに、内容は深く、小説の醍醐味を味わうことができた。三作のうちではある種寓話的、神話的な象徴化が感じられる一作目が最も出来が良く、巻が進むにつれてややナマなリアリズムと「謎解き」の興味に頼るようになる。三作は一応続き物の体裁を取っていて、力技的にツジツマも合わせてあるが、むしろ一つのモチーフを三回語り直したもののようだ。リアリズムの色が濃くなるにつれて作品世界は暗鬱になり、絶望的に閉ざされていく。最初から状況は絶望的だったが、それを一見軽々とはねのけて痛快さのあった一作目がやはり読んでいて一番面白かった。
 とはいえ一作目は上記の理由もあり読了までに13日かかり、二作目"The Proof"(「ふたりの証拠」)は10日、三作目"The Third Lie"(「第三の嘘」)は6日とだんだん短くなっていったのは、やはり面白くて、本を手放せない感じになっていったのだと思う。全部読み終えた今は、読み終えてしまったことと、内容から来る二重の喪失感に打ちのめされた気分だ。
 全くの偶然なのだが、「悪童日記」の映画が、ちょうど公開されたばかりなのを知ってビックリ仰天した。なんというタイムリーなこと・・これは観に行かねばなるまい!!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント