記事一覧

このごろの読書

 雨ばかり降り続いて、どこにも出かけられず、家の中でくすぶっている。屋内にばかりこもっていると少しストレスが溜まる感じがする。

 受験生に英語を教える仕事では、夏休み明けごろから大学の過去問を演習するのが主になって、赤本を予習しなければならないのだけれど、赤本の無選別の問題には悪問もたくさんあるのでどうしてもやる気になれないものもあり、英語にはいささか食傷気味。大学入試の英語長文問題は雑学的なものが多くて面白いものも多いけれど、ネットから適当に引っ張ってきて適当にこしらえたような内容空疎な長文問題も増えている。国語と違い外国語がまとまって載っているとそれだけで何か大層なもののように見えるのがいけないのだろう。昔はよくあった名著からの引用のようなものはほとんどなくなった。出題される英文は非常に平易化しているが、長くなっている。悪問を長々と読まされるのは疲れてしまう。

 洋書は「Flash Fiction: 72 Very Short Stories」という一編2~4ページくらいのごく短い短編小説を集めたものと、サローヤンの「Boys and Girls Together」、そしてずっと前から中断しながら読んでるシャフラーネクの「Bohuslav Martinu - The Man and His Music」の三冊を平行しているが、「Flash Fiction」は冒頭のスペンサー・ホルストの「Brilliant silence」が良かったので期待したものの、ほとんど面白くない。ごく短い小説は概して日本人作家のほうがうまいようだ。もう一冊のサローヤンは正直言ってくだらない。若い妻に飽き飽きした博打好きの中年作家の日常生活を描いている。半分以上読んでしまったので読了するつもりだが、このまま最後までこの調子だったらガッカリである。サローヤンってこんな作家だったっけ。昔、けっこう楽しんだ記憶があるが・・生前人気があって没後急速に忘れられた作家だが、これじゃそれも仕方がないなという感じではある。

 そんなこんなで、シャフラーネクの「Bohuslav Martinu」が相対的に面白くなってはかどっている。第二次世界大戦が勃発して、アメリカに散々苦労して避難したマルティヌーが、交響曲やヴァイオリン協奏曲などの大作を次々と完成していくというところで、この本のクライマックスといえる部分なのでそれは面白いのだが、問題はこの本、作曲家の生前に書かれた本なので、伝記としてはまったく、不完全なのだ。この本で言及されているのは交響曲第三番あたりまでじゃないだろうか。その後が面白いところなのに・・
 マルティヌーは好きな作曲家で、周期的にたまらなく聴きたくなる時期がやってくる。人気があるとはとても思えないのだが「音楽家のための音楽家」のような存在らしく音源は豊富にあるので聴くには困ることはない。ただいかんせん日本語で読める資料が少ない。一冊丸々マルティヌーを扱った本はないのではないだろうか。なのでこれを訳そうかと思ったのだけれど、これでは未完で片手落ちだし、伝記としても楽曲解説としてもやや中途半端な感じのする本なのだった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント