FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tesla Quartetのラヴェルとハイドン

180918.jpg
 こんばんは。今はハイレゾの新譜、Tesla Quartetのラヴェルとハイドンを聴いているよ。9月に出たばかりで、もしかしてこれがデビュー盤なのかな、まったく聴いたことのない名前の弦楽四重奏団だよ。ジャケット写真を見ると、最近よくあるポピュラー系のグループのようなノリの写真。もう、こういうの見ても全然インパクトはないね。むしろ陳腐化しているんじゃないの。

 でも、聴いてみたら演奏はいろんな意味で突出しているように感じたよ。
 まず、最初にラヴェルの弦楽四重奏曲が収められている。これが、思い入れたっぷりのベタ甘の演奏。第一ヴァイオリンのスナイダーという兄ちゃん(画像左端)の楽器は終始あまり現実味のないフラジオレットのような音で、甘いポルタメントをかけまくって夢見心地に歌い上げる。この曲の、こういう傾向の演奏は好みじゃないけど、たしかにこんな通俗的な面もある曲なんだし、この演奏自体も徹底していてたしかに耽美的な美しさがあり、中毒性がないこともない。
 というか、抗いがたい魅力も感じてしまうね・・演奏はものすごく巧く、録音も最上で、よくあるモヤモヤした感じではないのがいいね。

 まあでも、ラヴェルのほうはまだ予測の範囲内だったね。ハイドンの弦楽四重奏曲op.54no.2には唖然としたよ。これ、変な演奏だよ。アクセントの付けかたがおかしいのかね、とても古典派の楽曲には聴こえないよ。なんか近代音楽みたいに聴こえる。
 おれはハイドンの弦楽四重奏曲が大好きなんで、収録されている盤は聴きたくなるんだけど、こんな演奏を耳にしたのは初めてだったよ。
 でも、これはすごく気に入ってしまったよ。ハイドンの弦楽四重奏曲は造りがシンプルなぶん、面白く聴かせるのは難しい部分があるよね。古楽器派よりも現代楽器での演奏のほうが総じて面白いと思うけど、これは現代楽器での新しいアプローチだと思ったよ。他の曲もこの団体で聴いてみたくなったよ。

 さて、ラヴェルとハイドンの間に、スナイダー君編曲のラヴェル『ハイドンの名によるメヌエット』が挟まれていてこれも洒落ている。
 また、ハイドンの次にはストラヴィンスキイの弦楽四重奏のためのコンチェルティーノが収録されていて、その間にはまた同編曲のラヴェル『古風なメヌエット』、最後に遺作のメヌエットが置かれているという趣向。徹底して、凝っているよね。

 このロス・スナイダーという人は才人だね。

 なんか、変わった盤だったけれどかなり楽しめたし、けっこう気に入ったよ。今後どうなっていくか予測できないけど、要チェックの若い弦楽四重奏団がまたひとつ増えたという感じだったよ。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。